代表的な劣化症状とその原因

塗替えしないとどうなる?

現在主流のシリコン樹脂塗料であれば、耐用年数は10年〜15年程ですから、子供の誕生にあわせてご自宅を購入したとすれば、小学校4年生〜中学生になった頃には、塗り替えをされるのが適当ということになります。
その頃になったらまずは、ご自身で外壁の劣化をチェックすることをおすすめします。
家の周囲をまわりながら、サイディング、モルタルなどでつくられた外壁の様子をみます。
塗り替えをせずに放置したままですと、塗料の劣化から外壁に雨水やカビが侵入し、外壁材を劣化させ、ひいては内側の木材にまで被害が及んでしまいます。
そうなっては大変、修理には塗料の塗り替えとは比較にならないお金がかかってしまいます。

劣化症状をみきわめましょう

劣化症状

経年劣化としてわかりやすい劣化現象に、塗料が粉を吹いたようになるチョーキング(白亜化)や壁にヒビが入っているクラッキング(ひび割れ)などがあります。
チョーキングは手で触ればわかります。他に、1年も経っていないのに剥がれがみられたりする場合には、施工不良も疑わなくてはいけません。

防ぎたい内部被害

2次被害

塗装が剥がれる、割れるなどの劣化を放置すると保護機能を失った外壁の劣化が進みます。
そうなると建物内部に雨水が浸透し始めるなどし、木材の腐食、壁の染みなどの雨漏りといった現象が起こります。
これを2次被害といいます。

定期的にチェックしたい

塗料の耐用年数

塗料には耐用年数があります。代表的な塗料耐用年数は次のとおりです。
アクリル樹脂塗料(5年程度)、ウレタン樹脂塗料(7年〜10年程度)、シリコン樹脂塗料(10年〜15年)、フッ素樹脂塗料(15年〜20年)。
深刻な2次被害を引き起こす前に、塗料の耐用年数にあわせて建物の外周をチェックしてみましょう。

適切に塗り替え時期を見極めれば、大切な自宅を長持ちさせることができます。
また、あまりにも劣化を放置すれば、家自体が傾いたりといった取り返しのつかないことになる可能性もあります。
風雨や日光にさらされる外壁の塗装は、どんなに高性能な塗料であっても、耐用年数がありますから、適切な見極めが重要となります。

お見積・ご相談・お問い合わせは完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ