大切な家を、心無い塗装業者に任せることのないように

悪徳業者に騙されないために

外装塗装を含めた住宅リフォーム関連分野における悪徳業者による被害は、残念ながら後を絶ちません。
当社のように外装塗装一筋に、真面目に頑張ってきた業者は憤りを覚えます。
悪徳業者にはよくみられるパターンがあります。基本的な特徴をおさえて注意することが大切です。
また、ちょっとでも不安に思ったらすぐに契約することはせず、周囲の人に相談するとよいでしょう。
突然訪問してきて、キャンペーンやモニターなどと謳って契約を迫ったり、大げさに家の劣化を訴えて不安を煽るなど様々な手口があります。
このサイトで代表的なパターンを知っておくだけでも、注意力を高めることができます。

この3つが揃ったら疑いは濃厚です

急に訪問し、不安を煽り、すぐ契約させようとする

悪徳業者の典型的な手口といわれています。
いきなり訪ねてきて、外壁の劣化を指摘し「すぐ工事しないと大変なことになる」などと不安を煽ります。
さらには「ちょうどいまならキャンペーン価格で契約できます」などといってすぐ契約することを迫ります。
外壁の塗り替えは数十万〜百万円以上もかかる工事ですから、当社なら、診断、見積もり、ご説明など手順を負って納得いただいてから契約に至ります。
確かに塗装の塗り替えは建物にとって大切なことですが、今日明日すぐ契約しなければ大変ということはまずありません。急いで契約してはいけません。

おかしな話はやはりおかしい

無茶な値引きを提案する

「いまならキャンペーン中」、「足場費用無料」、「モニター募集中」、「オリジナル塗料」などを提案し、「200万円のところを半額の100万円にしますよ」などとおかしな値引きを提示します。
このような場合は、実際に支払額が提示どおりだったとしても、ひどい手抜き工事の疑いが濃厚です。

手抜きの見積もりがきたら、手抜き仕事を疑いましょう

見積もりがいい加減

一式、などというかなり大雑把な見積もりの場合には注意が必要です。
塗り替えには、足場、清掃、下地処理、塗装(下塗り、中塗り、上塗り)などの工程があり、どこまで細かく書くかは差があるかもしれませんが、一式などというのは怪しい表現です。
塗料の商品名も大切な要素です。
ちなみに、日本の塗料はほとんどが大手三社(日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研)のものですから、先に書いたオリジナル塗料にも注意が必要です。
また、他社の見積もりをみたがる傾向もあります。

誠に残念なことですが、ろくな工事もしない手抜き工事で料金を請求する業者や、最初から騙すことを前提にしたような業者が存在します。
彼らのおかげで、当社を含めて真摯に塗装一筋に仕事を続けている業者も迷惑を被っています。
しかし、最も被害を受けているのは、騙されたお客様です。そういった業者には絶対騙されないようにしましょう。

お見積・ご相談・お問い合わせは完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ