塗り替えは一家の大事です。ポイントを抑えて失敗を回避しましょう。

塗装に失敗しない3つのポイント

  1. 認可業者と有資格者
    建設業の許可、職人が持つ一級建築塗装技能士、外壁診断士等の資格の有無を確認しましょう。
  2. 保証をしっかり確認
    返金保証、塗り直し保証など、もう一度担当者に確認しましょう。
  3. 仕事ぶりをみる
    施工を依頼してから自宅の工事をみるのはもちろんのこと、契約前にその業者が工事している現場や、過去の物件をみせてもらうのもよいでしょう。 業者がこれまでの工事で顧客に信頼されているかどうかもみることができます。

基本ですが、大切です

許認可・資格の確認

「業者なんだから許認可を当然許認可を受けているだろう」と考えられるのは仕方のないことですが、やはり、建設業許可のうちの塗装工事業の許可を受けているかどうかは、実際に発注する前に確認しておくべきです。
また、実際に工事をする職人についても、一級建築塗装技能士、外壁診断士等、必要な資格を有しているか確認しておくとよいでしょう。

保証内容と実行性を確認しましょう

保証

保証については付帯条件も含めて担当者に逐一確認しましょう。
塗装は長いものでは15年・20年という長い期間使用される商品ですから、きちんと自分たちの塗装を保証できる業者なのかどうか、よくみて判断してください。

きちんと仕事をしてきたかどうかを確認します

仕事ぶり

適正な良い仕事をしてきた業者であれば、顧客とある程度良好な関係を保っているはずです。
「過去に仕事をされた建物をみたい」もしくは「いま作業中の現場をみせてほしい」といってみるのもよいでしょう。
業者の顧客とのやりとりなどもみられたり、顧客に様子をきければ、なお業者の普段の仕事ぶりがわかります。

ご自宅の塗装塗り替えをする時、どうしたら良い業者と良い仕事を選ぶことができるのでしょうか?
一般の方にはなかなか判別の難しいところではないでしょうか。最低限抑えるべきポイントを3つにまとめてみました。
このポイントを抑えたら、このホームページにある他の情報なども吟味して検討してみてください。

お見積・ご相談・お問い合わせは完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ