外壁の雰囲気や色を活かして塗装したい時に使います

クリヤー塗装

凝って選んだ外壁や屋根の色や風合いを大切にしたい、という方におすすめなのがクリヤー塗料です。
その名のとおり、透明な塗料ですから、外壁の色や雰囲気をそのままに塗装することができます。
ただし、クリアー塗装をきちんと仕上げるためには、元々の内外壁や屋根がある程度綺麗な状態であることが必要です。
状況により異なりますが、概ね10年以内が目安になります。
なぜ汚れや劣化のある壁には塗装できないかというと、その汚れがそのまま残ってしまうからです。
クリヤー塗料にもいくつかの種類がありますから、機能性や価格を見て検討されるとよいでしょう。

基本なる合成樹脂により異なる

価格

クリヤー塗料には種類があり、それぞれに価格は異なります。
概ね、シリコン系クリアーならばシリコン樹脂塗料と同等、フッ素系クリアーならばフッ素樹脂塗料と同等というように考えて頂ければよいかと思います。

サイディングや柄など雰囲気を活かせるのが魅力

性能と機能

要するに着色顔料の入らない塗料ですから、アクリル系クリヤー、ウレタン系クリヤー、シリコン系クリヤー、フッ素系クリヤー、といった具合に種類があり、それぞれアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素塗料の性能と機能を備えています。
意匠性の高い外壁で建てられた場合には、クリヤー塗料を選べばせっかくの雰囲気を壊すことなく保護してくれます。
注意点は、クリヤーのため劣化した外壁には使えないことです。汚れや損傷がそのままみえてしまいます。

価格と同様に、基本となる合成樹脂によります

耐久性

塗料は色や艶を出す顔料、塗膜を平準化させ機能を付加する添加剤、それにシリコンやウレタン、フッ素などの基本となる合成樹脂によりできています。
クリヤー塗料は、この顔料が入らない塗料ですから、基本となる合成樹脂の耐久性を備えていることになります。

思い入れの詰まった大切な建物であればあるほど、壁や屋根も悩んで選ばれたのではないかと思います。
塗り替えても色や雰囲気を変えたくないとお考えのお客様も多くいらっしゃいます。
そういった時、透明なクリヤー塗料が活躍します。
他の塗料と同じように、クリヤー塗料にも多くの種類が用意されています。

お見積・ご相談・お問い合わせは完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ