外壁・内壁工事で失敗しないために、知っておきたい工程のこと

まごころの塗装屋の施工工程を全てお見せします

施工の第一歩は、現場の診断から始まります。ご要望に沿った工事は可能か、他に傷んでいる箇所はないかなどの他、工事をスムースに進めるための様々なチェックを行います。
診断を元にお客様と相談し、工事内容を決定したら、足場の組み立てに入ります。
お客様の家だけではなく、隣近所にもご迷惑がかからないように細心の注意を払います。
足場が組み上がったら、全体をキレイに洗浄し、いよいよ壁の施工です。
下地調整、シーリング、養生などを丁寧に行い、その後、下塗り、中塗り、そして仕上げ塗りと何度も重ねて塗っていきます。
最後に全体をチェックし、細部の手直しを行い、塗装は終了。
足場を解体、現場全体の清掃、片付けを行い、工事終了です。

工事開始、まずは外部の足場組み立てから

足場

屋根の塗装がある場合には、まずは屋根から作業をすることになります。
いずれにしても、住宅をぐるっと覆うようにして足場を組み立てます。
組み立ての際に建物等を傷つけることのないよう、慎重にかつ手早く組み立てていきます。
組み上がったら塗料等が飛び散らないよう、シートをかけていきます。

しっかりと洗浄しなくては、綺麗な仕上がりはのぞめません

洗浄

綺麗に仕上げるには絶対に手を抜けない工程です。
汚れや、カビ、苔、劣化している塗料の粉などを丁寧に取り除いていきます。
外壁はもちろんのこと、窓の出隅、板金部分なども同様です。
基本は高圧洗浄機を使用しますが、細かい箇所や高圧に向かない部分はブラシなどを使用します。
全体をしっかり洗浄したら、塗りの下準備ともいえる次の工程に進みます。

塗料を塗布するための下準備

養生、下地調整、サビ止め塗料

最初は養生です。
養生というのは、窓や室外機など塗料がついてはいけない部分をビニールシート等で覆い保護することです。
養生の後は、いよいよ壁にかかるわけですが、まずは、下地調整を行います。
これは、ひび割れや剥がれなどの劣化部分を補修等により処理することを言います。
ひび割れを放置したまま塗装すると、そこから再びひび割れしてしまいますから、見た目だけの問題ではありません。
最後に鉄の部分にサビ止めを施し、壁全体を丁寧に修復したら下準備最後の工程です。

いよいよ、塗料を塗布していきます。2度塗りにより、本来の耐久性を発揮させます

下塗り、中塗り、上塗り

最初に外壁材と塗料を密着させるための下塗り塗料を塗ります。
基本はローラーを使いますが、細かな部分は刷毛を使い、木部には染み込み防止のシーラーを使うなどしてきっちり塗っていきます。
下塗りを終えたら、塗料の中塗り、上塗りを行います。下塗り、中塗り、上塗りともに2回ずつ行います。
いずれの塗りも、とにかく細かなところまで丁寧に作業することにより、塗料本来の耐久性を発揮することができます。

塗装最後の仕上げ。塗り残しのないよう徹底確認

雨どいなど、付帯部分の塗装。足場解体

壁の塗装が終わったら、塗装の最終工程、雨どい、水切りなど付帯部分の塗装を行います。
刷毛を使って細かな部分まで塗り残しのないよう作業します。
塗り終わったら全体をチェックし、足場の解体に入ります。
綺麗に塗りあがった壁などに傷をつけないよう、慎重に行います。

準備段階から、何度も行う塗りの作業、最後の片付けまで、施工の工程を紹介します。
一括請負のメリットを活かし、痒い所まで手が届く、満足度の高い工事を目指します!
最後の片付けまで気を抜かず、丁寧に、丁寧に行っていきます。

お見積・ご相談・お問い合わせは完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ