まごころの塗装屋は塗料選択にも自信があります

多様な塗料の中からベストな選択を

住宅の外装・塗料には多くの材料があり、塗り替え工事を行う場合、塗装する塗料選びは容易ではありません。
まごころの塗装屋は塗装一筋の経験豊かな職人がプランニングから行うため、確かな塗料選択に自信があります。
「推薦者の声」のページでも紹介したように、塗料メーカーが一目置く専門店です。
アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素、各種機能性塗料といった様々な塗料から、お客様のご要望や外壁の素材にあったものを、選び、最適の施工を致します。

発色・艶が良く、鮮やかな場面に適した、低価格の塗料

アクリル樹脂塗料

アクリル樹脂塗料とは、アクリル系合成樹脂を主成分とする塗料の総称です。
一昔前は外壁塗料の主流でした。
特徴は、透湿性、発色が良く艶と滑らかさがあり、高温にも強いため、高いデザイン性を持っています。
また、重ね塗りしやすいなど施工性が高いものががあります。
また、価格が安いことも魅力です。
反面、耐久年数は5年程度と短く、塗膜にひび割れができやすいため、メンテナンスに比較的手がかかるといった性質もあります。
デザイン性の高さや、インパクトが求められる店舗の塗装などには最適といえますし、湿気がこもりやすい軒天井にも好適といわれます。
自由度と表現力に優れているものの、耐久性が低いことから、屋外の外壁に使用されることは減っています。

密着性に優れ、多くの素材に使える塗料。

ウレタン樹脂塗料

ウレタン樹脂塗料とは、ウレタン系樹脂を主成分とする塗料の総称です。
少し前まで主流の塗料として使われており、今でも多数の商品が流通しています。
柔軟な性質から密着性に優れており、高い汎用性があります。
耐久年数は5年〜8年程度といわれ、アクリル樹脂塗料よりは高いものの、シリコン樹脂塗料には劣ります。
価格ても同様に、アクリル樹脂塗料よりは高く、シリコン樹脂塗料よりは安くなります。
商品によっては高い耐久性と密着性を実現し、シリコン樹脂塗料に引けを取らないものもあります。

現在最も普及している、バランスのとれた塗料。

シリコン樹脂塗料

コストパフォーマンスの高い塗料であり、現在の主流を占めています。
業者がおすすめする事の多いのではないでしょうか。
耐用年数10年〜15年と耐久性が高く、汚れがつきにくく、色あせにも強くなっています。
価格はウレタン塗料の約2割り増し程度ですが、耐用年数で相殺できることになります。
弱点としては、塗料の密着に技術が必要、ひび割れしやすい、木部への塗装はできない、などがあります。
現在主流の塗料とあって、多種多様な商品が販売されており、性能がもピンきりです。塗料のメーカーや商品名もしっかり確認するとよいでしょう。

航空機にも使用される高性能塗料。価格も相応に高価

フッ素樹脂塗料

一般的な塗料の中では抜群の性能と耐久性を持ち、15年〜20年の耐用年数があります。
航空機や東京スカイツリー、六本木ヒルズなどに使われていることからも、高性能ぶりがわかります。
こういうと世間離れしているようですが、フッ素加工のフライパンも同じフッ素ですから、身近にも利用されています。
汚れに強く、耐熱・耐寒性能も良し、薬品にも強いことから酸性雨にも負けません。
価格はシリコン樹脂塗料の約1.5倍強と高価ですが、長い目で塗替え費用を考えることができれば、費用は標準化されます。

特定の機能を追加した機能性塗料

各種機能性塗料

一般に機能性塗料と呼ばれるものは、特定の機能を追加したものです。
主に、光触媒、遮熱・断熱、防藻・防カビなどがあります。
光触媒は、太陽の力で汚れを浮かせて雨によって洗い流すという自浄作用を持った塗料です。
価格は高めですが、耐用年数も20年と長くなっています。
遮熱・断熱は夏の強すぎる日射しによる熱をカットし、断熱は冬の温度を逃がさず、冷暖房の効果を高め、生活を快適にしてくれます。
防藻・防カビは、時に建物に深刻な被害を与える藻やカビを防いでくれます。
外壁だけでなく、内壁にも効果的です。

塗料選びは結構迷うものです。色々あるなかから何を選べばよいのでしょうか? 
外壁材との相性、施工手法との関係など様々な要素を考慮してお客様の要望に応えられる塗料を選びます。

お見積・ご相談・お問い合わせは完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ