意外に多い、外壁の雨漏り

雨漏り調査

部屋の壁紙に染みてから雨漏りに気がつくようでは、すでに2次被害が進行しています。
そうならないように、新築から5年、10年というような節目に点検しておくのが無難です。
とはいえ、外部の上部や屋根などの高所点検はなかなか難しいものです。
その上、シーリングやサイディング出隅、外壁の貫通部分の劣化を正確に見極めるには経験も必要です。
塗装一筋の当社なら、迅速・正確に調査・診断を行い、適切な修繕をさせていただきます。

建物内部に浸透する前に

気づいてからでは遅い

部屋の天井にシミを見つけて雨漏りに気がつくということが多いのですが、これは、すでに内部に雨水が浸透している状態です。
できればその前に原因となりそうな箇所を的確に処置しておくことがベストです。

何か起きる前に

定期的な点検で修繕コストを削減

5年、10年という節目に定期的な点検をするのもおすすめです。
雨水の浸透はシーリングなどの接合部から始まることが多いですから、原因箇所を早めに特定し処置してしまえば、大きな事態を避けられます。
何か起きてから、となりがちですが定期的な点検・調査ができればコスト削減に繋がります。

まごころの塗装屋は自信があります

外壁の専門家による的確な調査

お客様にとって有益な調査を行うには、一にも二にも塗装業者としての経験が物を言います。
塗装一筋の専門業者であるまごころの塗装屋なら、様々な角度から小さな劣化を見逃さない的確な調査が可能です。

雨漏りは怖いです。外壁から内部に水が侵入し、内部の木材を腐らせたり、部屋の壁紙を濡らし、放っておけば、滴るしずくをボウルで受けるなんてドリフターズのコント状態になってしまいます。
そうなる前に、まずは調査・診断が必要です。そして、その時に重要なのが信頼できる業者選びです。

お見積・ご相談・お問い合わせは完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ