• 最適提案と適正価格による
    満足できる外壁リフォーム

    施主様のご満足のために、
    プロの外壁診断士が担当します。

  • 大規模修繕も保険申請やローン等、
    面倒な手続きもお任せ!

    金銭面だけでなく手続きなども含めて
    施主様のご負担を最小限に。

  • 塗装一筋の自社塗装職人による、
    こだわりの外壁塗装。

    下請け職人や外注職人ではなく、
    全工程を自社責任施工。

原因を把握し、適切な対策が必要です

雨漏りは今も昔も住宅の大敵です

耐候性を高めるための塗装ですから、外壁塗装と雨漏りは切っても切れない関係です。
外壁や屋根の劣化から内部に雨水が侵入する雨漏りは今も昔も建物の大敵です。
まごころの塗装屋では、雨漏りの調査・診断から、修繕までトータルに対処いたします。技術と経験を活かした正確な点検と修繕で、お客様の大切な住宅を最善の方法で長持ちさせます。劣化が予想されるある程度の年数であれば、一度、当社の目で点検させていただければ、雨漏りによる深刻な被害を未然に防ぐことができます。

意外に多い、外壁の雨漏り

雨漏り調査

部屋の壁紙に染みてから雨漏りに気がつくようでは、すでに2次被害が進行しています。
そうならないように、新築から5年、10年というような節目に点検しておくのが無難です。
とはいえ、外部の上部や屋根などの高所点検はなかなか難しいものです。
その上、シーリングやサイディング出隅、外壁の貫通部分の劣化を正確に見極めるには経験も必要です。
塗装一筋の当社なら、迅速・正確に調査・診断を行い、適切な修繕をさせていただきます。

劣化が引き起こす雨漏り

雨漏りの原因

水は隙間から侵入するものですから、劣化によりできた隙間から入ってきます。
どんなに立派な家であっても、年を経れば劣化してきます。
横殴りの雨が発生しやすい、梅雨や台風の時期に外壁の雨漏りは発生しやすくなります。
わかりやすく穴があいていれば誰でもわかりますが、シーリングのちょっとした隙間、特に高所の場合は発見しにくいものです。
シーリングというのは、外壁と外壁の隙間、接合部分にあたります。サイディングというのは、外壁材のことでボード状になっています。この接合部分や隅も劣化により隙間ができやすい箇所です。

雨漏りを防止する建物の構造

雨漏りを防ぐ

通常の住宅では、外壁に一次防水、二次防水という処理が施されています。
一次防水というのは、外壁の外側、まさに雨風が直撃するところです。
二次防水というのは、外壁の内側のことで、アスファルトフェルトなどが貼られています。
屋根にも雨風が直接あたる屋根材の下に二次防水処理が施されています。
フェルト状の原紙にアスファルトを染み込ませたアスファルトルーフィングなどを敷いてあるのです。
また、屋根材の隙間にタスペーサーと呼ばれる部品を入れることも防水効果を高めます。

気がついた頃には、かなり進行している可能性があります

雨漏りは早期修繕

屋根や外壁の割れ目から侵入した雨水は、外壁材を通り抜けて内部の木材に染み込みます。
内部の木材等は、外壁材と比べると、当然水には弱いですから、腐食が進んでいきます。
これが2次被害です。
部屋の壁紙に染みができるようであれば、かなり雨水が浸透している状態です。
家の基礎を構成する木材が腐り始めてしまっては大変なことですから、定期的に外壁や屋根の点検したいところです。
しかし、一般の方がはしごや足場で外壁の上部や屋根まで点検するのはなかなか難しいことですから、信頼できる業者に定期的に点検してもらうのがよさそうです。

雨漏りは、昔から住宅の大敵です。内外壁の塗装一筋に取り組んできたまごころの塗装屋は、雨漏りも知り尽くしていますから、安心しておまかせいただけます。
まずは、雨漏りの原因や防止方法、2次被害の怖さなどを知っていただき、住宅にとって早期の点検・修繕がいかに大切かをこのページにて紹介させていただきます。

お見積・ご相談・お問い合わせは完全無料!
メール・LINEなら24時間受付中!
LINEでお問い合わせ メールでお問い合わせ